印刷フレンドリー、PDF&電子メール

メールの冒頭で避けるべき丁寧な公式

すべての丁寧な表現を特定することは困難です。 プロフェッショナルメールに関しては、最初と最後の両方で使用できます。 ただし、友人や知人に送信される他の電子メールとは異なり、ビジネス通信での丁寧な表現は細心の注意を払って選択する必要があります。 電子メールの冒頭で、それらのいくつかは実際に避けるべきです。

 階層的な上司への「こんにちは」:なぜ棄権するのか?

プロのメールの開始は非常に決定的です。 の一部として Eメール アプリケーションまたは上司に送信される電子メールの場合、「こんにちは」でプロの電子メールを開始することはお勧めしません。

確かに、丁寧な公式「こんにちは」は、送信者と受信者の間に非常に大きな親しみを確立します。 特にあなたが知らない特派員に関するものである場合、それはひどく知覚される可能性があります。

実際には、この公式は無礼を意味するものではありません。 しかし、それはすべての話し言葉を持っています。 定期的に交流する方におすすめです。

たとえば、求人に応募する場合、専門的なメールで採用担当者に挨拶することはまったくお勧めできません。

さらに、覚えておく必要があります。プロの電子メールでスマイリーを使用することもお勧めしません。

メールの始まり:どのような礼儀を使用しますか?

あまりにも馴染みがあり、非常に非人称的であると考えられる「こんにちは」の代わりに、プロの電子メールの冒頭に「ムッシュ」または「マダム」という丁寧なフレーズを使用することをお勧めします。

READ  コーディアルプロ正射レタッチソフトウェアの発見。

確かに、それがビジネスマネジャー、幹部、またはあなたが特定の関係を持っていない人に宛てられるとすぐに。 これらのタイプの式を使用するのが最善です。

この公式は、特派員が男性か女性かを知っている場合にも歓迎されます。 それ以外の場合、礼儀の最も適切な形式は、標準の「マダム、サー」の公式です。

特派員をすでに知っていると仮定すると、「DearSir」または「DearMadam」という丁寧なフレーズを適用できます。

したがって、電話フォームには、対話者の名前を添付する必要があります。 彼の名の使用は確かに間違っています。 特派員の名がわからない場合は、「Mr。」または「Ms.」をアピールの形式として使用し、その後に人物の肩書きを付けることをお勧めします。

その場合、大統領、局長、または事務総長に送信されるのが専門的な電子メールである場合、丁寧な言い回しは「大統領」、「マダム局長」、または「事務総長」になります。 あなたは彼らの名前に精通しているかもしれませんが、礼儀正しさはあなたが彼らを彼らの称号で呼ぶことを指示します。

また、マダムまたはムッシュは大文字の最初の文字で完全に書かれていることを忘れないでください。 さらに、プロの電子メールの冒頭にある各形式の礼儀には、コンマを付ける必要があります。