印刷フレンドリー、PDF&電子メール

労働協約:調整されたパートタイム労働に関する契約条項を尊重しない雇用主

変調されたパートタイムシステムにより、パートタイム従業員の労働時間は、年間の会社の活動の高、低、または通常の期間に応じて調整することができます。 このシステムは2008年以降は実施できませんが(2008年789月20日の法律n°2008-XNUMX)、それでも、延長された労働協約またはその日より前に締結された企業協定を引き続き適用する特定の企業に関係します。 したがって、この主題に関する特定の論争が破毀院で引き続き発生しているという事実。

特に、フルタイムのCDIとしての契約の再分類を要求するよう労働裁判所に上訴した、数人の従業員、変調されたパートタイム契約に基づく新聞販売業者の最近のイラスト。 彼らは、雇用主が実際の労働時間を短縮し、労働協約によって承認された追加時間の量(つまり、契約スケジュールの1分の3)よりも長いと主張しました。

この場合、申請したのは直販会社の労働協約でした。 したがって、次のことを示します。
« 会社の特殊性を考慮して、毎週または毎月の労働時間...

 

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  すべての人のための雄弁:話者、吃音者、言語療法士の言葉