印刷フレンドリー、PDF&電子メール

キャロラインは27歳のアクティブな若い女性で、元看護助手であり、IFOCOPでのXNUMX年間の研修コースを経て、研究プログラムを通じて秘書補佐に転向しました。 採用担当者のギヨーム・ムントの監視の下で、彼女は自分の経験を私たちと共有しています。

キャロライン、あなたは現在どのポジションにいますか?

私は、Eragny-sur-Oise(Val d'Oise)にある小さな高級ケータリング会社であるSaveursParisiennesのアシスタントセクレタリーとして働いています。 4年に上司のギヨーム・ムントによって設立されたこの会社で働いている私たち2015人が、今日私のそばにいます。

あなたの毎日の使命は何ですか?

キャロライン: 秘書アシスタントの伝統的な職務記述書を特徴付けるすべて:多くの管理、少しの会計、顧客関係、法的な問題...私が自分自身を再訓練するときに探していたオフィスの仕事、そして働いた後介護者として数年間。 私の個人的な生活と調和した、通常の仕事のリズムに戻ることに特に感謝していると言わなければなりません。 私はこの仕事が好きなだけでなく、家族の生活と100%互換性があります。

ギヨーム: 私たちの最初の会議から、キャロラインは...

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  プロジェクトツール:イントロ-プロジェクトの設定と資金調達