印刷フレンドリー、PDF&電子メール

労働法第L.1233-3条の規定に基づき、経済的理由による解雇は、雇用の廃止または転換に起因する従業員の個人に固有ではない31つまたは複数の理由による雇用主による解雇を構成します。または、特に次のような雇用契約の重要な要素の、従業員によって拒否された変更:経済的困難、技術的変化、会社の活動の停止、組織の再編成その競争力を保護するために必要なビジネス。 後者の仮説では、競争力を保護するために必要な会社の再編成は、脅威が会社の競争力を圧迫する場合にのみ有効に呼び出すことができ、それが実際にこの脅威であるというケース法が確立されています。これは、投稿の削除、変更、または変換をもたらした再編成を正当化します(Soc。2006May 04、n°47.376-2006 P、RDT 102. 15、obs。P。Waquet; 2014年12月23.869日、n°XNUMX-XNUMX 、Dalloz jurisprudence)。

したがって、より良い組織への懸念は、そのような「脅威」を特徴づける義務から雇用主を免除するものではありません(Soc。22Sept. 2010、n°09-65.052、Dalloz管轄)。

しかし、裁判官が経済的解雇について、呼び出された理由の現実と深刻さを検証しなければならない場合、それは彼のものではありません。

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  協力と連帯:サイバーセキュリティは欧州連合レベルで構築されています