印刷フレンドリー、PDF&電子メール

このコースを修了すると、次のことができるようになります。

  • Connaître les 4 piliers de l’EBP
  • Questionner les valeurs et préférences du patient lors d’une prise en charge
  • 科学文献で関連データを検索して臨床上の質問に答え、批判的な目で分析します
  • Appliquer une démarche EBP lors de l’évaluation de vos patients
  • 介入中にEBPアプローチを適用する

製品説明

「評価ツールを選択するにはどうすればよいですか? 患者にどのような治療を提供する必要がありますか? 自分の治療が効いているかどうかはどうすればわかりますか?」 心理学者と言語聴覚士(言語聴覚士)の専門的実践の背景を構成します。

Ce MOOC de l’Université de Liège (Belgique) vous invite à vous initier à l’Evidence-Based Practice (EBP). L’EBP, c’est prendre des décisions cliniques argumentées pour l’évaluation et la prise en charge de nos patients. Cette démarche nous aide à choisir les outils d’évaluation, les cibles et les stratégies de prise en charge les plus pertinents afin d’adapter au mieux la pratique clinique aux besoins d’un patient spécifique.

このアプローチはまた、批判とその進化を考慮に入れて、科学界によって認識された理論と方法に基づいて治療行動をとることができなければならない心理学者と言語療法士の倫理的義務に対応します。

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  サイバー危機:トレーニング、管理、コミュニケーションのためのガイドのコレクション