印刷フレンドリー、PDF&電子メール

労働協約:日曜日の例外的な仕事に対する追加料金は、通常その日に働く従業員によるものではありません

最初のケースでは、家具会社の資金責任者である従業員が裁判官を押収し、日曜日の仕事に関するいくつかの要求がありました。

イベントの年表はXNUMXつの段階で展開されました。

2003年から2007年までの最初の期間、会社は日曜日の休息を免除されるという仮説を立てていなかったため、日曜日に不法に仕事をすることにしました。

2008年XNUMX月からの第XNUMXの期間では、家具小売店が規則から逸脱することを自動的に許可する新しい法的規定の恩恵を受けていたため、同社は「釘付け」に陥っていました。日曜日の休憩。

この場合、従業員はこれら33つの期間の日曜日に働いていました。 彼の要求の中で、彼は日曜日の例外的な仕事のために従来の追加料金を要求しました。 したがって、家具貿易に関する労働協約(第XNUMX条、B)は次のように述べています。 労働法に基づく(法的な禁止の免除の枠内での)例外的な日曜日の労働については、労働時間は以下に基づいて報酬が支払われます。

 

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  距離、マスク、ケータリング:Covid-19の発生に関連する新しい変更