印刷フレンドリー、PDF&電子メール

25年2021月XNUMX日の時点で、産業保健サービス(OHS)は特定のカテゴリーの従業員に予防接種を行う可能性があります。 この目的のために、労働省はワクチン接種プロトコルを確立しました。

産業保健サービスによる予防接種キャンペーン:併存疾患のある50〜64歳の人々

この予防接種キャンペーンは、併存疾患のある50〜64歳の人々を対象としています。 産業医による予防接種プロトコルには、関係する病状が記載されています。

心血管疾患:複雑な動脈性高血圧症(高血圧症)(心臓、腎臓、血管の合併症を伴う)、脳卒中の病歴、冠状動脈疾患の病歴、心臓手術の病歴、NYHAステージIIIまたはIVの心不全; 不均衡または複雑な糖尿病; ウイルス感染中に代償を失う傾向がある慢性呼吸器病変:閉塞性肺疾患、重度の喘息、肺線維症、睡眠時無呼吸症候群、特に嚢胞性線維症。 ボディマス指数(BMI)が30以上の肥満; 治療中の進行性がん(ホルモン療法を除く); チャイルドピューは少なくともステージBの肝硬変を記録します。 先天性または後天性免疫抑制; 主要な鎌状赤血球症候群または脾臓摘出術の病歴; 運動ニューロン疾患、重症筋無力症、多発性硬化症、疾患

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  無料:マルチソースTCDの作成、セグメントとタイムラインの作成