印刷フレンドリー、PDF&電子メール

雇用主は、公共交通機関を利用する従業員の旅費の一部を負担する必要があります。

これらの旅行は、公共交通機関または公共の自転車レンタルサービスで行う必要があります。

補償範囲は、通常の居住地と職場の間の旅行のシーズンチケットの費用の少なくとも50%です(労働法、アートR. 3261-1)。

払い戻しは2等運賃に基づいて行われ、自宅と職場の間の最短の旅に対応する必要があります。 サブスクリプションが使用された翌月までに行う必要があります。

有効期間が年次であるパスは、使用期間中に毎月分配される払い戻しの対象となります(労働法、アートR.3261-4)。

雇用主による輸送費の支払いは、配達の対象となるか、それができない場合は、従業員による文書の提示の対象となります(労働法、アートR.3261-5)。

はい、証拠がない場合、サブスクリプションの費用の一部を負担する義務はありません。

あなたも持っていることを知っています...

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  あなたはあなたのワークステーションで食べることができます