印刷フレンドリー、PDF&電子メール

労働協約:昇給と遡及的に作成されたボーナス

28年2015月XNUMX日、公共交通機関の運転手受けの従業員が違法行為で解雇されました。彼はさまざまな要請で労働審判を差し押さえました。

彼は特に、基本給の引き上げの恩恵と、2015年8月2015日に署名されたNAOXNUMXの覚書がドライバーとレシーバーに提供したボーナスを要求しました。 その特殊性:ボーナスは遡及的でした。

詳細には、合意は次のように述べています。

(「すべての労働者、運転手-収集家および技術サービスの賃金の増加」と題されたその記事1で): " 1年2015月0,6日まで遡って、基本給のXNUMX%の増加 "; (「ドライバーを受け入れるための土曜日のボーナスの作成」というタイトルの記事8): " 1年2015月2日までさかのぼって、XNUMXユーロの土曜日のサービスボーナスが作成されます。 このボーナスは、土曜日にサービスを実行するドライバーに授与されます '。

雇用主は、これらの契約条項を従業員に適用することを拒否しました。 彼は、新しい労働協約は、その時点で進行中の雇用契約にのみ適用可能であると主張しました...

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  セールスマンのためのソフトスキル