深刻な形態のCovid-19感染症を発症するリスクのある脆弱な人々、および16歳未満の子供の親である従業員、または隔離、立ち退き、または在宅支援の対象となる障害者の従業員は、特定の条件では、部分的な活動の恩恵を受けます。

仕事を続けることができないこれらの従業員は、70時間の最低賃金に制限された総参照報酬の4,5%に設定された部分的な活動手当の恩恵を受けます。

31年2021月60日まで、コモンロー制度の適用において、州によってあなたに支払われる部分的活動手当の時給は70%に設定されています。 この率は、部分的活動手当の率の増加から利益を得る保護されたセクターのXNUMX%です。

1年2021月1日の時点で、活動のセクター(コモンローまたは保護されたセクター)に関係なく、すべての企業に適用される単一のレートを設定する必要があります。 しかし、この措置は2021年XNUMX月XNUMX日に延期されます。

この日から、部分活動手当の計算に60時間ごとの料金が適用されます。 この単一レートはXNUMXに設定されています...

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  従業員は、解雇の資格が再付与された場合に、労働協約で規定されている年次賞与の給付を請求できますか?