在宅勤務:現在の推奨事項は何ですか?

在宅勤務は、それを可能にするすべての活動のルールでなければなりません。 すべてのタスクをリモートで実行できる従業員の場合は100%である必要があります。 ただし、6年2021月100日以降、従業員は、同意を得て、最大で週にXNUMX日、直接会うことを要求できます(「国内プロトコル:在宅勤務の推奨をXNUMX%に緩和する」の記事を参照)。

最近、特に社会的距離とマスクに関して健康対策が強化され、首相は29月6日に強化されたテレワークの効果的な使用を発表したが、この主題に関する健康プロトコルに変更はなかった。XNUMX月XNUMX日以降のテレワーク。

労働監督官に発行したばかりの指示の中で、労働総局は非常に明確に次のことを再確認しています。タスクがテレワーク可能である場合、それらはテレワークされなければなりません。 在宅勤務への頼りは、タスクの性質がそれを許す場合は全体的であり、特定のタスクのみがリモートで実行できる場合は部分的です。

隔離のリスクを防ぐために週にXNUMX日直接戻ってくる可能性が条件付けられています...

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  集合的な移行:デバイスが展開されています