はい、レポートは、受益者と協力して家庭教師によって作成されます。
このバランスにより、 新しい施設を提供する必要があるのか​​、別のPDPデバイスを動員する必要があるのか​​を判断する 次に例を示します。

それは思い出させる/指定します 監督下の裁判の実際的なモダリティ (目的、開始日と終了日、労働時間の構成、監督された裁判が最初の位置で行われたか別の位置で行われたか、関係する活動の分野、会社の家庭教師の名前と彼の位置、タスク期間中および観察中に実施された、仕事への復帰を促進する要因およびそれを制限する要因、調整の必要性:技術的、組織的、人間的、訓練中またはその他)。

報告書は、雇用主の産業医、健康保険社会サービス、および該当する場合はCapemploiなどの障害者の雇用の支援と維持を担当する専門の配置組織に送信されます。

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  プロジェクト管理の基礎:倫理的問題