印刷フレンドリー、PDF&電子メール

Le 在宅勤務 は、すべてのタスクをリモートで実行できる従業員に対して100%に設定されており、従業員が必要を表明したときに、同意を得て、最大で週にXNUMX日対面でフィードバックを行うことができます。

しかし、2020年XNUMX月末以降、在宅勤務の利用は減少しています。 労働大臣は、このレベルの在宅勤務を見つけるために、企業に動員するよう呼びかけています。

確かに、在宅勤務は、職場や自宅から職場への旅行での社会的相互作用を制限することを可能にする組織のモードです。 汚染のリスクの防止に参加することを可能にする活動のためのその実施 Covid-19.

その実装では、作業組織にリンクされた特異性を考慮に入れ、機器を適合させ、リモート管理を定義する必要があります。 特に中小企業にとって、必ずしも簡単ではありません。

労働省が「テレワーク目標」オファーを作成したのは、これらの企業が直面する困難に対応するためであり、VSEとSMEが活動の継続とテレワークの実施を組織化するのを支援し、健康に関する推奨事項に対応するためです。

「テレワークの目的

READ  キャリアアドバイスサポート:「オーダーメイド」サポートのための新しいAfdasシステム