印刷フレンドリー、PDF&電子メール

従業員が50人未満のメンバー企業については、トレーニングを開始するための新しい可能性が取締役会によって投票されました。
1.デス 1年2020月XNUMX日から利用可能な健康危機後の資金調達、31年2020月XNUMX日より前に実施され、優先トレーニングテーマに該当するトレーニングのためにメンバーシップエリアに入力される財政支援要求(DAF)を介して:

環境の適応:施設の適応、健康危機後の人々の受け入れの管理、新しい規制基準など(バリアジェスチャのトレーニングを除く)リモートワーク:テレワークの整理、優先順位の管理/テレワーク時間の管理、リモートミーティングの促進、QWL、従業員のストレスの管理、専門的慣行の適応など。健康危機後の人事、管理と組織の再考、変化への適応、リモートチームの促進、職業上の健康、 …活動の再開:管理ツールの適応、経済モデルの開発、財政的刺激、…危機後のコミュニケーション:危機時の外部コミュニケーション、健康危機後の状況におけるユーザーや受益者とのつながりの再考、ソーシャルネットワークを使用し、社内で十分にコミュニケーションをとる、デジタルツール:コラボレーションツール、デジタル成熟度、

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  管理会計とスプレッドシートの実践