印刷フレンドリー、PDF&電子メール

永久契約の締結後も契約関係が継続している有期契約については、従業員に解雇補償を支払う必要がありますか? CDDのCDIへの再分類を命じたのが産業裁判所である場合はどうなりますか?

CDD:不安定性プレミアム

有期契約(CDD)の従業員は、契約が終了すると、より一般的には「不安定補償」として知られる契約終了補償の恩恵を受けます。 これは、状況の不安定さを補うことを目的としています(労働法、アートL.1243-8)。

これは、契約中に支払われた総報酬の10%に相当します。 この割合は、特に職業訓練への特権的アクセスの見返りとして、契約条項によって6%に制限される場合があります。 契約の終了時に、最後の給与と同時に支払われます。

労働法第L.1243-8条によると、有期契約のために雇用された状況を従業員に補償する不安定補償は、契約関係が契約の下で継続している場合には支払われません。無期限の。

したがって、有期契約がすぐに継続する場合

READ  SMessageを使用したEメールマーケティングの完全ガイド