印刷フレンドリー、PDF&電子メール

特定の条件下では、職場で予防接種を受けることが可能になります。 25月50日木曜日から、併存疾患のある64〜16歳の人々は、主治医だけでなく産業医もアストラゼネカワクチンを投与できるようになります。 労働総局はXNUMX月XNUMX日に予防接種プロトコルを発表しました。

誰が予防接種を受けることができますか?

当初は、併存疾患(心血管疾患、不安定な糖尿病、高血圧、肥満、慢性呼吸器疾患など)のある50〜64歳の従業員のみが予防接種を受けることができます。

ボランティアベースの予防接種

予防接種は、産業医と従業員の自発的な仕事に基づいて行われます。 それは従業員に提供されなければなりません、 「これらの人々が主治医による予防接種を受けることも選択できる限り、誰が産業医による予防接種を受けることを明確に選択しなければなりません」、プロトコルを指定します。

一般開業医と同様に、12月XNUMX日以降、自主的な産業医が

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  国のプロトコル:新しい距離、カテゴリー1のマスク、XNUMX時間ごとの換気