去年の春の健康緊急事態の間、毎日の社会保障給付は待たずに支払われました。 しかし、10月10日以降、待機期間の停止は終了しました。 保険契約者は、毎日の病気の恩恵を受けることができるようになる前に、再び民間部門でXNUMX日間、公務員でXNUMX日待たなければなりませんでした。 隔離措置の対象となる「接触事例」として特定された者のみが、XNUMX月XNUMX日まで待機期間の撤廃の恩恵を受け続けた。

待機期間なし

31月XNUMX日まで、遠隔地を含めて仕事を続けることができない保険契約者は、いずれかの状況にある場合、病気の休暇の初日から毎日の手当の恩恵を受けることができます以下:

重症型のCovid-19感染を発症するリスクのある脆弱な人。 健康保険によって「コンタクトケース」として特定された人。 16歳未満の子供の親、または設立の閉鎖後に隔離、追放、または在宅支援の措置の対象となる障害者の親ホーム

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  コンピュータネットワークセキュリティ