印刷フレンドリー、PDF&電子メール

ギフトとバウチャー2020:免除の恩恵を受けるために満たされるべき条件

ギフトやバウチャーは必須ではありません

社会的免除の恩恵を受けるには、従業員に帰属する贈り物は本当にあなたによって提供されなければなりません。

言い換えれば、それはあなたが例えばあなたのおかげで果たす義務であってはなりません 集団合意、雇用契約または使用法の規定。

ギフトとバウチャーの割り当ては差別的であってはなりません

この従業員に関係する特定のイベント(結婚、出産など)を祝う場合は、XNUMX人の従業員にのみギフトを提供することを決定できます。

それ以外の時間、あなたが与える贈り物は、すべての従業員、または従業員のカテゴリーに帰する必要があります。

主観的とみなされる理由(年齢、出身、性別、組合員、ストライキへの参加など)で従業員からギフトやバウチャーを奪うと、差別が生じることに注意してください。

従業員を間接的に制裁するためにそれを行う場合も同じことが当てはまります(病気の葉が多すぎる、遅延が繰り返されるなど)。

授与されるギフトとバウチャーは、特定のしきい値を超えてはなりません

しないために

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  LinkedIn:ソーシャルセリング