印刷フレンドリー、PDF&電子メール

労働協約:鉄道ケータリングにおける年功序列ボーナスの場合

従業員は、鉄道ケータリング会社内で「内部トレーナー」、つまりエグゼクティブステータスの機能を実行しました。 彼女は給料のリマインダーを要求して労働審判を押収した。 彼の要求は、特に従来の最小値のリコールに関連していました。 具体的には、従業員は、雇用主が彼女の年功序列を報酬から除外して、彼女に起因する合意された最低額と比較すべきであると考えました。

この場合、適用されたのは鉄道ケータリング労働協約でした。

一方では、次のことを示す従来の最小値の計算に関するその記事8-1:
« 給与額(..)は、各社で実施する年俸交渉で決定した「ポイント」の値(…)を「ポイント」に適用して決定します。
このようにして得られた金額は、実際の月給総額、ボーナス、補償、手当、利益分配、経費の返済、現物給付などを取得するために追加される基本月額参照給与を表します。各企業に固有の、場合によっては年俸交渉中に開発された報酬システム。
考慮すべきは、この実際の月給総額です。

 

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  職場での死:どのような補償?