印刷フレンドリー、PDF&電子メール

Covid-19期間外の従業員へのケータリング

従業員のケータリングの条件は、会社の従業員が50人かどうかによって異なります。

従業員が50人以上の会社

従業員が50人以上の企業では、CSEに相談した後、従業員にケータリング施設を提供する必要があります。

十分な座席とテーブルが用意されています。 これには、10人のユーザーのための新鮮で熱い飲料水用の蛇口が含まれています。 食品や飲料を保存または冷蔵する手段と、皿を再加熱するための設備が備わっています。

労働者が仕事に割り当てられた敷地内で食事をすることは禁じられています。

従業員が食事を食べることができるキッチンだけでなく、社内の食堂や食堂、または会社のレストランなど、さまざまな方法で義務を果たすことができます。

従業員が50人未満の会社

従業員が50人未満の場合、義務は軽くなります。 従業員に健康と安全の状態で食事ができる場所(定期的な清掃、ゴミ箱など)のみを提供する必要があります。 この部屋は…に装備することができます

元のサイトの記事を読み続ける→

READ  30年2020月XNUMX日回復計画:トレーニングオファーをデジタル化することを意味します